menu トップ 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう ブログ リンクについて

美肌になろう


たっぷりの泡で顔を洗う

表皮はとても軟らかく、とても薄いものです。人間の皮膚の厚さは平均すると2mmだと いいますが、一番外側の表皮部分はわずか0.2mmしかありません。 なので、ちょっとした刺激でも影響をうけてしまうのです。 洗顔をする時には、泡立てネットなどで石鹸をよく泡立ててからやさしく洗いましょう。 泡の力で勝手に汚れを吸い上げてくれます。
基礎化粧はゆっくりと

化粧水をつけたら3分間浸透する時間をおきます。 そして美容液をつけたらまた3分間、真皮にしっかりと成分が 浸透するのを待つ。 これで、しっかりと肌に栄養を与え、送り込むのが理想的。 この時、注意してもらいたいのが、肌に刺激を与えないこと。 化粧水をたたいて入れ込もうとしないで!!
やさしくお肌に押さえ込むようにして入れていきます。 お肌を叩いたり、こすったりはシワのもとです。また、色素が沈着するおそれも。
肌トラブルの対処

トラブルごとに、詳しく説明していきます。
↓気になるトラブルをクリックしてください。

 
ニキビについて
ニキビ対策
シワ、たるみについて
シワ対策
たるみ対策
シミ対策
くすみ対策
毛穴対策
便秘対策
「油分でフタ」はもう古い

保湿というのは、肌の水分が蒸発しないように守ることです。 健康な角質層は、30%以上の水分を含み、それが30%以下になると 乾燥肌といいます。15%以下になると、つっぱり感がでてくるようです。 空気中の湿度が下がってくると、肌から水分が蒸発しようとする現象が起こり、そこで、 30%以下にならないように、水分をつなぎとめているのが、セラミドなどの角質細胞間 脂質です。
「年を取ると、肌に脂っ気がなくなってカサカサになる」などとよく
言いますが、年齢とともに肌が乾燥するのも、皮脂が減るためでは
なく、セラミドが減るためだったのです。
特に顔の場合は、油分をつけすぎるとニキビなどのトラブルを招く
ため、なるべく控えめにして、肌が乾燥する場合は、セラミド
ヒアルロン酸配合の美容液などを使うようにしましょう。


毎日決まった時間に睡眠をとる

肌は成長ホルモンや女性ホルモンの低下にともなって老化するので、 ホルモンバランスを整えるよう、規則正しい生活を心がけましょう。
特に22時〜2時ごろの間は皮膚の新陳代謝が最も活発に行われる時間です。 この時間に眠っていると、いっそうスムーズに新陳代謝が行われ、つやと みずみずしさを保つことができるのです。
夜は遅くても24時には就寝し、8時間程度の睡眠をとるのが理想的。
顔に触れる枕カバーやシーツ類を清潔にしておくことも忘れずに。汗や皮脂で汚れた 寝具類を使っていると、肌にも汚れがつき、ニキビの原因になります。

紫外線はシワの原因にも

シミの原因というイメージが強い紫外線ですが、実は、しわの原因にもなり、あらゆる皮膚老化を 促進する、肌の大敵なのです。
真皮に届いた紫外線の影響で、コラーゲン繊維は変性し、硬く、弾力のない繊維になります。 真皮の70%以上はコラーゲンでできているので、コラーゲンが弾力を失うと、皮膚全体がだらっと 下がってきます。こうしてシワが刻まれていくわけです。
「シワは乾燥が原因」と思っている人が多いようですが、乾燥というのは、実はシワの大きな原因 ではありません。コラーゲン繊維の劣化が、シワの主な原因であり、これは、紫外線や、活性酸素 などが影響します。
シワを予防するためには、高級クリームを使うよりも、まず紫外線と活性酸素対策が大切です。
※活性酸素・・・タバコ、ストレス、有害な科学物質などによる



日焼け止めクリームはたくさん売られていますが、どう選び、どう使ったらよいのでしょうか。 まず、日焼け止めに記されている表示の意味を知っておきましょう。


SPF・・・紫外線B波をカットする力。何倍日焼けしにくくなるかを表しています。
(日本人の場合、夏の日差しの下で肌が赤くなるまでの平均時間は約20分といわれ、 例えば、SPF2の日焼け止めを使えば、40分に延ばすことができる)
ただし、強い日焼け止め(SPF50が最高)を毎日使えばよいわけではありません。 強い日焼け止めはどうしても肌に負担をかけます。 「紫外線も肌に悪い、日焼け止めも負担になる」中で、うまくバランスをとらなければなりません。
これらを総合的に考慮すると
1日あたり外で過ごす時間が1時間以内で、日光に対する皮膚の抵抗力が普通程度の人は、 SPF20前後のものを使うと良いでしょう。
これを基本に、外で長時間過ごす人は、その状況に応じてSPF25、30、と上げればよく、 肌が紫外線に対して敏感であると感じている人も、同様に高めのものを選べは良いのです。


PA・・・紫外線A波を防ぐ力。+ ++ +++の3段階で表され、+が多いほど、 作用は強くなります。日常使うには、++程度で良いでしょう。


海水浴などでは、全身にスポーツ用などの強い日焼け止めをたっぷり塗る必要があります。 一度塗り広げた上から重ねるようにして、厚く塗っていきます。 よく売られている100ml程度のものなら、2〜3日で1本使い切るくらい塗れば、「うっかり 日焼け」は防げます。


なんでも飲めば増やせる程、人体は単純ではない

コラーゲンやセラミドなど、肌にとって重要なものをサプリメントで補うという製品を よく見かけますが、それを飲めば増やせる訳ではありません。
年齢とともに、コラーゲンもセラミドも減っていくことが肌の老化につながることは事実で、 それは成長ホルモンの減少などによって、肌の新陳代謝が落ちているからです。 代謝の落ちた肌に、コラーゲンなどを与えても、沈着はしません。
そもそも、コラーゲンなどを飲んでも、その形のままで吸収されることはありません
コラーゲンは、いったん胃や腸の中でアミノ酸などに。セラミドは脂肪酸に分解されます。 食べたものは、すべて一度バラバラになって吸収され、必要に応じていろいろな組織に作り 変えられていることを忘れてはいけません。
それでは、サプリメントは飲んでもすべて意味がないかというと、そうではありません。 特に、抗酸化力のあるものは、美肌に役立つことがあります。昔からある青汁や、最近出てきた ポリフェノール(カシスやベリーのエキスなど)を含むものなどは、試してみてもよいでしょう。
ただし、宣伝文句につられ、買いすぎるのは禁物です。
サプリメントでも添加物を含むものもあり、たくさん飲むと相互反応を起こしてしますことも あり得ますし、また、サプリメントによるアレルギーも珍しいものではありません。 せいぜい2種類くらいまでにしておくほうが安全です。

サウナに入っても肌はきれいにならない

汗をかくことで肌がきれいになると信じている人がいますが、医学的に正しいとはいえません。
まず、汗で毛穴の汚れが洗い流されると思っている人が多いようですが、汗腺と毛穴は別のもの です。したがって、汗で毛穴の掃除はできません。
ちなみに、サウナで汗を流して痩せようとしている人もよく見かけますが、汗を流しても 代謝が高まるわけではありません。脂肪を効率よく燃焼するには、やはり筋肉運動。 運動して汗をかくことは美容にもとても良いことです。

コスメ選びなら

国内海外のブランド化粧品・コスメ・美容グッズや美容・ ダイエットサプリメントを、実に1万6千点以上も取揃えたサイトです。


キレイショップ
≪肌トラブル対策≫

ニキビ対策
シワ対策
たるみ対策
シミ対策
くすみ対策
毛穴の黒ずみ対策
目の下のクマ対策
便秘対策
≪商品別≫

アンチエイジング
マッサージクリーム
UVカット
トライアルセット
岩盤浴
イオン導入器
ヨガ

青汁
ダイエットクッキー
ダイエットシェイク
マクロビオティック
お手軽バランス栄養食
menu トップ 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう ブログ リンクについて
プロテインの種類 プロテインの摂取方法 水分補給 1食置き換え型ダイエット
正しいダイエット方法






キレイになりたい 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう プロテインの種類 プロテインの摂取方法 水分補給 1食置き換え型ダイエット ニキビについて シワ、たるみについて 美味しいものが食べたい 西三河厳選グルメ 西三河くちコミグルメ 全国厳選グルメ 全国くちコミグルメ お取り寄せグルメ 情報提供者様ブログ一覧 キレイになりたい(ブログ) 西三河グルメ〜今日のごはん何にしよ♪〜 HP作成日記 オススメ本 家計に優しいお得な情報 お取り寄せ生活♪ はじめての妊娠日記 妊婦ママ応援サイト 西三河 de ランチ 西三河 de モーニング のほほん族一覧 住宅ローンの賢い借り方・返し方 最初にかかるお金 いくらまで借りられるか 金利 金利のタイプ 返済期間 返済方法 繰り上げ返済 借り換え
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO